CONTOUR ROAM ROTATING FLAT MOUNT


このマウントが有るとヘルメットに装着可能!
CONTOURは色々アクセサリー豊富です。

Contour 情報


強力な粘着テープで装着、かなりしっかりくっついています。
BUCO純正シールドは横幅有るので、マウント位置をいろいろ変化させて画角確認しましたが・・
どうしても右サイドに写り込みます。
これはこれでいいかな?


ハンドルステーでの画角も得られるので、個人的にはこの位置でOK


ロック機能付きの角度調整OK
後ろ向きに本体装着すれば後部画角も得られます。
脱落防止ストラップ付。


ここでレーザービームの大切さ知りました。
マウントの位置にもよりますが本体装着して水平を取らないと、画角が斜めになってしまいます。
そんで、ビーム照射して水平位置にユニットを回転させます。
先端レンズ径の周りが回転出来るのです。
前方画角ではセンターから5mm右へ、後方画角ではセンターから5mm左へ調整すれば水平が取れました。
ハンドルステーに装着はセンターのまんま。
取り付け位置で水平画角を変えるので、ちょっとしたマークをレンズ先端リングのメモリー脇に書いておけばOK
この機能、よく考えられています。

【日本仕様のものは・・レーザー機能が出ないようになっているようです:何らかの法規制?・・私のものは並行輸入品なので
 照射出来ます! WEBサーチによると裏技?ファーム書き換えを行えば、日本仕様のものでも自己責任で照射可能になるようです】後日記載


なんか・・・うまく撮れなかったけど・・・・
水平の赤ラインがレンズ部から照射されてます。
上から赤い糸状の火の玉、鏡に映ったレーザー光。
まあ、軌跡が綺麗だから掲載。

RECはスライドスイッチを左手で操作のみですので、バイク操作には簡単安全。
作動開始・終了のビープ音も高速走行でも明瞭に聞こえます。








にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ









このBlog がダブって表示される現象対処方法
左上の表示から、最新の情報に更新を3〜4回繰り返すと正しく表示されるようです。
OSとIEの相性の問題みたい? すんませんな〜〜。