禁断のブツ


また発作が起こります・・・・

これ摂取しないと、生きていけないです・・・・
止めようと思っても・・・・止めれません!

あらゆる治療薬など・・・もう無いのです
ただ、無心に摂取し幸福感を得て、快楽の天国にいざなってもらうしかないブツです。


危険です!


まじ、やばいです!


































バイク関連Blogですが、私は食のPROなので料理レシピ勝手にネタにしています。
まあ・・・・自分の喰ったものを、こんな感じで料理したよ!のりです。



餃子 40〜50個分

キャベツ小 半分   (白菜などでもOK)
豚ひき肉        350g〜くらい
にら          1束
にんにく        1ケ
生姜          1かけ
塩           適量
こしょう        適量
ごま油         適量
紹興酒         適量
オイスターソース    大さじ1.5〜2くらい
白だし         ちょびっと
餃子皮         ここでは大判タイプ

●鶏の煮こごりエキス  大さじ3 (無くてもOK)


★内容物、味付けなど他に色々あります
ここでは一例としてこのレシピ公開です




キャベツを粗みじん切りに
面倒ならフードプロフェッサーでカット
塩小さじ1投入


ざるに入れ、水分を出すようにしっかり揉んでください
しんなりしたらOK
★水で洗わない事、そのままでOK


ニラを粗みじん切り
にんにく、しょうがをすりおろし投入


豚ひき肉投入
こしょうは適量ですが、3ふりくらい


紹興酒大さじ3くらい(酒でもOK)


オイスターソース大さじ1.5〜2投入


ごま油大さじ1くらい


白だし、小さじ1くらい (隠し味)


■これは・・・普通無いです〜〜
前日に作った手羽先の水炊きの残り
ゼラチン質が溢れ、タッパ冷蔵保存でジェリー状に凝固
コラーゲンのかたまりです

★まず、無いのでこの素材は無視してOK!


旨そうなので、大さじ3投入
★まず、無いのでこの素材は無視してOK!


全体の具を合わせたら、3分は十分に練ってください


★具材の味見テスト!
沸騰したお湯に、スプーン1くらいの混ぜた具材を包み投入


4分ほど茹でて、想定する餃子たれで味見
好みの味に具材に調味調整をここで行ってください



適当に具材を皮に包みます


皮(大判)40個出来上がり

具材が余ります:
余った具は片栗粉など加えお団子にして中華スープにしたり
冷凍保存などして他の料理に利用など考えましょう!


焼き餃子作成過程

★やかんか小鍋にお湯を沸騰させて用意
★フライパンか鉄板焼きプレートなど、あらかじめ強火で加熱

白い煙が出るくらい加熱したら、ごま油ちょとなじませ
餃子を並べます、皮が付かないように間隔を可能なら開けた方がいいでしょう

時々プレート位置をまわして焼き目を綺麗につけましょう
皮のふちがキツネ色になってきたら目安


用意した沸騰したお湯200ccくらい一気に投入


★必ず蓋をして、強火
一気に焼き上げてください、水分を飛ばしてから焼き
焦がさないように注意です
しっかりと具材に加熱して、皮をパリッと!
フライ返しで焼き目確認で盛り付け


酢醤油、ポン酢、からしなどで・・・・旨し!

■豚ひき肉の旨みが活きますので、可能なら肉専門店の豚挽き肉がいいです。
好みで背脂を少し混ぜると旨さが違います。
餃子も奥が深いので色々工夫も楽しいですね。











にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ