イカと小海老のリングイネ、ペスカトーレ


いい天気です・・・
バイク出して銀行に行きました。

泣きながら預金を引き出しました・・・・

自動車税とバイクの税金を納めました・・・・

福沢さんが・・・・全速力で走り去っていきました・・・・


お昼、外食しようかと思いましたが、体の一部を持っていかれたような喪失感・・・・
お財布、極貧で家帰ってランチです。


佐渡産の小型のスルメイカと小海老が安売りで有ったので購入。
PASTAランチにします。


バイク関連Blogですが、私は食のPROなので料理レシピ勝手にネタにしています。
まあ・・・・自分の喰ったものを、こんな感じで料理したよ!のりです。




スルメイカ下処理  ちょいグロいので画像小さ目

胴から指を入れてワタごと足を外す→頭と足の間でカット→触手(長い2本カット)→ワタの墨袋のすじを外す(画像では白い筋のあたり墨袋)
皮はキッチンペーパーやふきんを使うとはがしやすいです、可能なら手間をかけましょう!
イカの口(カラストンビ)も忘れずに外してね!ゲソもうまいよ〜〜〜

ワタに塩(こんな感じ:右の画像参照)で1日置く。
細切にしたイカ身に、この肝を内蔵袋から出してたたき合えると・・・うんめーーイカの塩辛!

今回は小イカでの紹介ですが、いずれLサイズイカ仕様、本格派イカ塩辛UPします。




具が多い目な1人前

リングイネ130g (スパゲッテイ、スパゲッテーニ、フェトチ―ネでもいいさ!)
トマト水煮 1/2パックか1/2缶
イカ こんくらい
海老 こんくらい
玉ねぎ 中半分
にんにく 1かけ
たかのつめ 1本(種を取る)
フィレアンチョビ 1辺
オリーブOIL 適量
塩      適量
白だし   ちょっと
ナンプラー ちょっと



玉ねぎみじん切り、ニンニク・アンチョビみじん切り

(◆同時進行でPASTAボイルね!塩分濃度5%海水くらいの塩だよ)


にんにく、たかのつめ、オリーブOILをフライパンへ
それから強火。にんにくが色付きはじめたら玉ねぎ投入!


玉ねぎが透き通ってきたらアンチョビ投入。


トマト水煮を半パックくらい投入。


こんな感じに全体が馴染み、簡単なトマトソース完成!
(この方法は手っ取り早いトマトソース作成方法:本格的はいずれ紹介します)


下処理してカットしたイカ、小海老を投入!
小海老は背ワタ有りますので、忘れずに事前に排除ね。


●魚介は火を入れ過ぎると固くなりますので、ここではこのタイミングで入れます。
(魚介を事前に軽くソテーして取り出し、後でソースと合流でもよいです)
もし有れば白ワインを少量入れてもいいです。
魚介とトマトソースが馴染み、魚介火入れ90%のイメージでOK(のちの加熱でベストになります)


ちょいアルデンテ目のリングイネ煮汁ごと投入!
リングイネは太いので固さはアバウトでいいかも。


レードル1杯PASATA煮汁投入!
煮汁の塩気が調味になります。


全体を合わせ、ナンプラーを少し(小さじ1/3くらい:イメージ)


味をみて、更にもう一段隠し味、白だしちょびっと。
仕上げで好みでオリーブOIL少量加えます。

茹で汁などであらかじめ温めた皿に盛り付け
何か青味トッピング ここでは長ネギの青い部分と三つ葉カットでデコ


Linguine di gamberi e calamari, Pescatore

Pescatore=漁師

アサリやムール貝、手長海老なんか増量するとかなり豪華なペスカトーレになります。

このBlogでは比較的近所のスーパーで何とかなる、身近・安売り素材でもうんまいPASTAになるのでお手軽レシピです。
本格的に作るとレストランではソースの仕込みなどかなり異なる部分有ります。
家に有る素材でちゃちゃっと美味しく手早く仕上げるのも、技ありのいい方法と思います。

御自分なりの美味しい方法を発見工夫してください!
 うまければいいのです!






にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ








このBlog がダブって表示される現象対処方法
左上の表示から、最新の情報に更新を3〜4回繰り返すと正しく表示されるようです。
OSとIEの相性の問題みたい? すんませんな〜〜。