20日目  検定


1日目から見たい方はこちら


今日は雨です。
本日の受験者は普通二輪の顔見知りの青年と22歳の大型自動二輪受験者それと私です。
22歳の方は普通二輪からのランクUPだそうです。

最初に教官から受験に対する心構えや説明がありました。次に抽選によるコース決定で1番コースとの事です。ただ1周周回がプラスされています。まあOKでしょう〜〜〜たぶん?
次に検定ゼッケンを渡されました。22歳大型受験者が1番、私2番、普通二輪受験者3番です。

試験開始まで待合室で時間待ちです。雨でコースが濡れています。初めての雨天走行です。


いよいよ検定です。
初めて合羽を着用してプロテクター装備、ゼッケンを付け発着位置で待機です。
雨は小雨、その分合羽を着用してても気温がいつもより低めなのでまあOKの状態です。

試験教官から本日は雨でコンディションが良くないので、急制動の停止ラインを延長部分までならOKと説明がありました。
私は初めての雨天なのでスリップの不安がややよぎりましたが、ここはプラス思考で落ち着いて確実に行こうとリラックスに努めました。


いよいよ検定です、1番手・・・・やや緊張が感じられます。クランクで足つき、でも減点くらいでOKでしょう。
いい感じで走行されて1本橋・・・・スタートは良かったのですが微妙に低速・・・・・粘りすぎで1/3くらいで脱輪・・・・・・・う〜〜〜〜〜ん惜しいです。

2番手!私・・・・いい感じでスタート・・・・ここでコースミス・・・・・おいおい!でもコースミスは減点にならない事は事前に知っています。
ドンマイドンマイ!これでかえって落ち着きました。長い人生経験で度胸は負けないぜ!みたいな???
教官から指示がありコースに戻り直します。この修正も減点対象にならないように確実に復帰します。

坂道発進OK,踏切OK、スラロームOK、クランクOK、急制動まあOK(雨なのでいつもよりスピード無かったかな?)、波状路まあまあ、1本橋(早すぎ・・落ちるよりは通過です!)
スラローム(スリップにびびり・・遅すぎまあまあ)。
総じて・・・・合格ライン確保かな?????みたいな自己採点。

3番手の普通二輪受験者はクランクでの足つきのみで安定していました。


約30分くらい待ってから指定教室で合格発表です。
残念ながら22歳の方、教習簿を渡されました。

私・・・・教習簿・・・・
・・・・・・・・・リターン・・・・無いです・・・・?
・・・・・・とっ・・・・・・
・・・・・・・・・言う事は・・・・・・

















合格!(^^)

苦節20日33時間(補習2時間含む)、本検定はおかげさまで1発合格出来ました〜〜〜〜〜〜〜
いきなり大型自動二輪、大昔の少年の頃の原付バイクしか経験の無いおやじが・・・・


とったっどーーーーーーー


これも優しい教官の指導の賜物、このBlog記事を意図的に書いて自分のイメージトレーニングの手段としていました。
読み返すと各段階での改善点が少し明確になりました。
教官の指摘は今後も意識して大型バイクライダー道を極めていきたいです。





これからが・・・・・
本番なんですが・・・・・・
私・・・・・
バイク持ってません。


お金が・・・お金が・・・・お金が・・・・・タイムリーに・・・・
バイク購入予算が・・・・・

ねーーーーーだす!





泣きます
泣きます
泣いて暮らそうかと思います・・・・・







にほんブログ村
このアイコン、ポチっと押しでBlogランキングUP〜〜〜なんさ・・ありがとね!

 よろしこね !( `ー´)ノ・・・・・必ず押してね♪・・